「サッカー男子」フランス戦スタメン案!入れ替えはミックスで!

「サッカー男子」フランス戦スタメン案!入れ替えはミックスで!

「サッカー男子」オリンピック代表が、グループ突破をかけて、最終節・フランス戦を7月28日に迎えます。

スタメン案は、入れ替えはミックスを提案したいです。そのスタメンメンバーとは?

「サッカー男子」フランス戦スタメン案!入れ替えはミックスで!

「サッカー男子」オリンピック代表・フランス戦のスタメン案を紹介!

「サッカー男子」フランス戦スタメン案

前節のメキシコ戦からどう変更するかも記入します。

GK

12 谷晃生(湘南ベルマーレ)→そのまま

DF

酒井宏樹(浦和レッズ)→そのまま
吉田麻也(サンプドリア/イタリア)→そのまま
板倉滉(マンチェスター・C/イングランド)→ボランチへ/代わりに町田浩樹(鹿島アントラーズ)へ変更
中山雄太(ズウォレ/オランダ)→そのまま

MF

遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)→板倉へ変更
田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)→そのまま
堂安律(PSV/オランダ)→三好康児(アントワープ/ベルギー)へ変更
久保建英(レアル・マドリード/スペイン)→旗手怜央(川崎フロンターレ)へ変更
相馬勇紀(名古屋グランパス)→三笘薫(川崎フロンターレ)へ変更

FW

林大地(サガン鳥栖)→上田綺世(鹿島アントラーズ)へ変更

スタメン案まとめ>
GK;谷
DF;酒井・吉田・町田・中山
MF;田中・板倉、三好・旗手・三笘
FW;上田

<ベンチ入りメンバー>

  • GK 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
  • DF  瀬古歩夢(セレッソ大阪):センターバックの控え
  • DF  橋岡大樹(シント・トロイデン/ベルギー):右サイドバックの控え
  • MF  遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ):ボランチの控え
  • MF 久保建英(レアル・マドリード/スペイン):2列目の控え
  • MF 相馬勇紀(名古屋グランパス):2列目の控え
  • FW  前田大然(横浜F・マリノス):FWの控え

メンバー外

▽GK  鈴木彩艶(浦和レッズ)
▽DF  冨安健洋(ボローニャ/イタリア)
▽MF 堂安律(PSV/オランダ)
▽FW 林大地(サガン鳥栖)

スタメン案の解説

スタメンはあくまで案です。

ロシアワールドカップでは、勝ち抜けが決まってない中、西野監督はスタメン6名を入れ替えました。それくらい森保監督も大胆に替えてもいいかもしれません。

しかしロシアワールドカップの第3戦ポーランドは勝っても突破できないという、モチベーションが難しい状況でした。対して、東京オリンピックのフランスは勝てば勝ち点6で日本に並んで、勝ち抜ける可能性はあるのです。

その違いを考慮すると、吉田・酒井のDF陣は代えられないかな、と予想。

しかし遠藤は、田中碧がいますし、残してみました。

遠藤・田中2人ともイエロー1枚もらっていますので、2人とも通算2枚目もらって準々決勝を出れないのを避けたいです。

イエローをもらっている選手は、遠藤・中山・堂安・酒井・田中です。

このうち、スタメン(案)にした、イエローをもらっている酒井・中山・田中も下げたいですが、スタメンにした理由を解説しますと…

●田中は最悪イエローもらっても、遠藤を次のために残しておけば、準々決勝なんとかなる計算をしてスタメンへ。田中・旗手・三笘の「川崎フロンターレ」トリオの同時期用も狙いです。(ちなみに板倉・三好もフロンターレにいました)

●酒井は、フランス・マルセイユでプレーしていた経験者だけにフランス戦出さないのはもったいない。橋岡の守備とはレベルが違いすぎて怖い、という意見です。

●中山。フランス代表の右サイドにロシアワールドカップ優勝メンバーでもあるフロリアン・トバンが入ると予想されます。左サイドバックには攻撃が本職の旗手より中山雄太を起用すべきです。左サイドバックに町田、センターバックのひとりに瀬古というチャレンジもできますが・・・。ちょっと大胆すぎて怖いです。

●堂安は得点源なのでベンチ外は怖いですが、イエローもらってますし、思い切ってベンチ外にしました。代わりに久保をベンチに入れておきます。

ちなみに堂安でなく相馬をベンチに入れておく理由は、先制したりして優位な場合は…3バックにして相馬・橋岡を左右のウイングに入れて、ブロック時は5バック。攻撃は幅を使って相手を広げる,という戦略変更のためです。3バックは酒井・吉田・町田でもいいですし、状態を見て酒井→瀬古もあり。

遠藤航・久保建英が何かあったときの交代要員としてベンチにいるのは心強いでしょう。(堂安もメンタル的にベンチ入りしてた方がいいかも?ここは迷いました)

前田は勝たなきゃいけないフランスが攻めてくるので、カウンターでそのスピードが発揮されるはず。

と、色々と考えてみましたが、いかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です