【ACL】神戸がベスト4へ!PKで勝利も不安要素が?

【ACL】神戸がベスト4へ!PKで勝利も不安要素が?

【ACL】神戸がベスト4へ!

 ヴィッセル神戸が12月10日深夜、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝で、水原三星(韓国)と対戦。

前半7分に先制をされた神戸は、同34分にMF西大伍が倒されます。一度はPKになったものの、VTRを主審が確認し、相手DFがレッドカードで退場。エリア外からのフリーキックへ変更となりました。

そのフリーキックをFW古橋亨吾が蹴り、低い弾道で壁の下をすりぬけてゴール!

このまま1-1で進み、90分を戦っても決着がつかず、延長(30分間)へ。

計120分の死闘でも点が入らず、PK戦にもつれこみ、5人が全員決めあって、PKも延長の6人目へ。

そしてPK戦7-6で、ついに競り勝ちました。

【ACL】PKで勝利も不安要素が?

神戸は勝利をもぎ取りました。

トーナメント方式の公式戦で大事なのは結果。

どんな内容でも勝つことが重要で、チームの雰囲気もノッていくはず。

しかし不安要素もあります。

不安要素はイニエスタ不在

ヴィッセル神戸は、延長後半8分、イニエスタが交代出場!

しかしボールを受けることはほとんどなく、左右にボール出しを指示しながら、ペナルティーエリアに入る前のあたりをうろうろ。

テレビ解説の城彰二氏は「(イニエスタは)踏ん張りがきいてない。相当わるいようですね」と中継中にコメント。

そのイニエスタはPK戦で、1人目として蹴り、ゴール正面にシュートを決めました。

しかしその直後、右足を押さえて苦しんでいたのが印象的なイニエスタ選手。

13日に行われる、蔚山現代(韓国)との対戦では、出場は難しいでしょう。

ここまで全勝できている蔚山現代は強敵。

10人相手にゴールをこじ開けられずにPKまでもつれこんだヴィッセル神戸にとって、イニエスタ選手の不在は大きな不安要素です。

先制されると苦しいので、0-0で試合を進めながらチャンスをものにしたいところ。

スーパースター不在でも勝つことができれば、西地区勝者との決勝へ進めます。

ぜひ意地を見せてほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です