「なでしこ」スゥエーデンに力負け!準々決勝で敗退

東京オリンピック(TOKYO2020)の女子サッカー、準々決勝が30日に行われました。

日本代表(なでしこジャパン)は、スウェーデン女子代表とが対戦。

1勝1分1敗の勝ち点4、グループ3位でグループステージをなんとか突破したなでしこジャパンが格上に挑み…1-3で負けました。

「なでしこ」スゥエーデンに力負け!準々決勝で敗退

【スコア】 スウェーデン女子代表 3-1 日本女子代表(なでしこジャパン)

【得点者】

1-0 7分 マグダレーナ・エリクソン(スウェーデン)

1-1 23分 田中美南(なでしこジャパン)

2-1 53分 スティーナ・ブラックステニウス(スウェーデン)

3-1 68分 コソヴァレ・アスラニ(PK/スウェーデン)

先制され、追いついた前半。

後半、立ち上がりも日本代表が攻めていたのですが・・・

サイドバックの裏を通すパスを通され、GKもニアサイドを触れずに決められました。

逆転されたあとは、スゥエーデンの強さが際立っていきます。

68分は、三浦選手が相手シュートをペナルティーエリア内で、手で触ってしまい、ハンドでPK

確実に決められて、スゥエーデンが優勢になっていきました。

3人の交代策も実らず、流れをつかむことはできずにタイムアップ。

チャンスは作ってはいて、歯がたたない相手ではなかったものの、内容的にも圧倒されていました。

完敗です。

2年後。2023年7月に女子サッカーのワールドカップがあります。

WEリーグも今年の秋に始まりますし、奮起が期待されますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です