「サッカー男子」暗黙の握手の再来もある?/フランス戦

「サッカー男子」暗黙の握手の再来もある?/フランス戦

「サッカー男子」のオリンピック日本代表は、グループ突破をかけて最終節でフランス代表と28日20時半から戦います。

ロシアワールドカップ・ポーランド戦で賛否両論あった、いわゆる「暗黙の握手」の再来もあるかも?

「サッカー男子」暗黙の握手とは?

サッカー男子・日本代表のトップチームがロシアワールドカップのグループ最終節、ポーランド戦でみせた10分間のパス回し。

いわゆる「暗黙の握手」です。

そのままでいこう、と互いに(まるで握手しているかのように)攻め合わないのです。

もちろん、これは暗黙。

お互いメリットがあるための、暗黙の了解の上での行動です。

ロシアワールドカップのときは、ポーランドはグループ初勝利ができるから無理してボールをとりにいかない。

日本代表は負けても他会場の結果がそのままなら、フェアプレーポイントで上回るから予選・突破。

つまりWIN-WIN。

お互いにメリットがあるんですよね。

「サッカー男子」暗黙の握手の再来もある?/フランス戦

日本とフランスの戦いでも「暗黙の握手」がまたある?

あるならば…

他会場のメキシコ代表が南アフリカに負けているケースです。

2試合終えての順位では、1位の日本が勝ち点6。メキシコとフランスが勝ち点3で、得失点差でメキシコが2位。(勝ち抜けは2位まで)

メキシコが負けている(勝ち点3のまま)ならば…フランスは引き分け(勝ち点1)でも予選リーグ突破できます。

他会場の結果は刻一刻と変わることから、引き分け狙いで握手するのは危険です。

ちなみに最終節なので同時刻開催、2021年7月28日(水)20:30キックオフです。

終盤も終盤ならば「握手」があるかもしれませんが…

他力本願であるため、冷静な判断と決断力が問われますね。

おそらく「握手」の現実的な条件は…

●フランスが1点差で勝っていて、

●メキシコが1点差以上で負けている場合(負けてるときは1点差以上ですが)

●つまり、このままいけばフランスが勝ち点6、メキシコが勝ち点3のまま、日本が勝ち点6

…のケースでしょう。

●メキシコが他会場で引き分けている場合でも、メキシコが勝ち点4になるので、フランスが日本に勝てば勝ち点6ですが…このメキシコが引き分けている場合は逆転の可能性もあり、賭け(他力本願)になってしまうので、日本・フランスは握手はしないほうがいいでしょう。

ともかく、グループステージ最後の大一番は、試合中も監督・スタッフは情報戦に追われることになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です