「Jリーグ」プレミア化構想に賛否の声

「Jリーグ」プレミアム化構想に賛否の声

日本サッカーのプロリーグ「Jリーグ」にプレミア化構想があることが一部マスコミで報じられました。ネットでは賛否の声が上がっています。

「Jリーグ」プレミア化構想に賛否の声

Jリーグのプレミア化とは、J1の上位にあたるリーグ「プレミアリーグ」の創設、外国籍選手枠の撤廃などです。

Jリーグは4月1日付で抜本的な改革を検討する「リプランニング推進サポートチーム」をたち上げて、検討すると一部マスコミが報じています。

関係者によると、同チームはリーグ、クラブの将来を見据え、既存のルールや形にとらわれない改革案を検討する場になるという。目玉の一つがプレミアリーグ構想で、J1の上位にあたる新リーグを新設。参加クラブをJ1の18クラブ(今季はコロナ禍で20クラブ)から、10~14程度に減らす案だ。頭打ちが懸念されるリーグとクラブの経営規模を拡大する案として注目している。

https://hochi.news/articles/20210330-OHT1T50003.html

まだ検討段階なのですが、「プレミアリーグ」といえばイングランドのサッカーリーグ1部が有名ですよね。

全世界で最も人気が高く、実力もお金も最高峰のリーグです。

イングランドのプレミアリーグは、外国人選手は人数制限はないものの、労働ビザを取得する必要があり、取得条件は直近の2年間の国際Aマッチ75%以上出場が目安。

日本のプレミアリーグでも、ある程度の条件を設けた方が良さそうですが…

ネットでは賛否の声が上がっていました。↓

地域密着を理念として発展してきたJリーグ。

プレミア化によるメリットはどこまであるのでしょうか。

今後の推移を見守りたい案件ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です