「U-24日本代表」今後の課題は総合力!

「U-24日本代表」今後の課題は総合力!

東京オリンピック・サッカー男子「U-24日本代表」はスペインに延長で敗れて3位決定戦へ回りました。

今後の課題は総合力!ということで、これまでの状況を総括!

「U-24日本代表」今後の課題は総合力!

3位決定戦前に課題が見えました。

その前に今回のオーバーエイジについて。これでよかったのかという言及をしたいです

オーバーエイジを守備に使いすぎた?

サッカー男子・日本代表は、24歳以下ですが…3人だけオーバーエイジを使うことができます。

今回の3人は吉田・酒井のディフェンスラインのメンバーと、ボランチの遠藤。

A代表のレギュラーを抜擢できたことで、守備が安定しました。

しかしその分、攻撃的な選手にオーバーエイジを使えなかったのです。

大方の予想では…

吉田・遠藤・大迫のセンターラインでいくのでは?

と言われていました。

大迫は、ロシアワールドカップで「大迫半端ないって」で有名にもなりましたね。

ポストプレーに長けた日本代表のエースです。

代えがいない実力のある選手ですが、3真夏の時期に中2日で最大6試合を行うことを考えると、

(2021年7月現在)31歳の大迫を抜擢するのはどうかとも心配されました。

森保監督の誤算は、上田がケガ、前田が脳震とうで調整遅れがあったことでしょうね。

私(筆者)の意見では、酒井→大迫でしたね。

いや、酒井の安定感は抜群ですよ。

ただ、結果論ですが・・・林・上田・前田が不調すぎました。

そして総合力が日本の敗因なんですよ。

交代枠を使いきれない総合力の低さ

スペインには、アセンシオが控えで出てくる。レアル・マドリードで試合に出てる選手ですよ。それがバルセロナのスタメンの18歳・ペドリと交代で出てくるんですから。

日本はスペイン戦、6人交代しました。延長に入ると6人目も交代できます。

スペインで交代しないで残ったのはセンターバック2人(ガルシア、パウ.トーレス)と3トップのうちのオヤルサバル、ラファミル。

逆に、日本は5人交代で終わりました。しかし5人目は118分に橋岡ですよ。1点追いかける展開に田中を交代して守りの橋岡を入れて、吉田を最前線にあげました。上田・吉田の2トップのような感じですね。ワンボランチで、つないでいくというより、飛ばして早く前に!という展開にしました。

問題視したいのは、交代できないレベルの差があったということですね。

65分(後半20分)に上田(林をアウト)、相馬(旗手をアウト)を入れて活性化を図りました。

91分(延長スタート時)に三好(久保アウト)、前田(堂安アウト)を入れて、フレッシュな選手で打開を図りました。

そして最後が118分の交代ですね。

ベンチメンバーで残ったのはGKと瀬古。

瀬古は今大会に出場していません。当初は入れ替え可能な枠(18人外)のメンバーでした。

今大会は、23人を試合ごとに18人ベンチ入りできるので、本当ならばローテーションしたかったのですが、出場時間からみて、町田・瀬古はまったくローテーションに組まれていません。

町田・瀬古とも本職はセンターバックであり、吉田・板倉・冨安でまわせていたからですね。

逆に回せていなかったのが、遠藤・田中のボランチです。

私が思うに・・・遠藤・田中・板倉でローテーションをすべきでした。

しかし冨安の負傷もあって、板倉がセンターバックに回りました。

なぜこんなことになっているのか。やはり総合力が低いのです。

23人のうちボランチを入れたかった

23人のうち、ボランチを入れたかったと思います。

板倉がセンターバックの控えならば、瀬古・町田のどちらかを削って、ボランチもできる選手を入れたかったです。

それはコンサドーレ札幌の田中駿汰かもしれませんが・・・。

世間ではアタッカーを入れるべきだったという声もあります。

しかしFW3人(林・上田・前田)、2列目に5人(堂安・久保・三笘・相馬・三好)います。

4つのポジションで8人なので充分なはずですね。

というのも・・・

アセンシオに決められてしまったシーンは、 最初はマルコ・アセンシオのマークをしていた中山がスイッチしてオヤルサバルのドリブルコースを切りに行くが、田中もオヤルサバルに行ってしまったことで2人がオヤルサバルについていってしまったんです。

そこでフリーになっていたアセンシオがシュート!

板倉もマークはいなかったのですが、シュートコースに入れませんでした。

田中はボランチとしてよくやっていましたが、そこで一瞬の判断ができなかった。

フレッシュな選手を入れられなかったベンチワークというか、ベンチにはボランチをするタイプがいなくて(橋岡・瀬古しかいなかった)どうしようもなかったのですが・・・

疲れをみえた選手を交代することができるかどうか。

その総合力で日本は負けてしまったと感じます。

その証拠が5人(ほぼ4人)しか交代を切れなかったことですね。

3年後のパリでは、熱い中での連戦を見越しての、チームでの勝利を!と願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です