マラドーナ氏主治医に過失致死容疑で思い出すあのスター

マラドーナ氏主治医に過失致死容疑で思い出すあのスター

マラドーナ氏主治医に過失致死容疑で思い出すあのスター

11月25日に死去したサッカー界のレジェンド、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏。

そのマラドーナ氏の主治医に過失致死容疑がかけられています。

アルゼンチンの警察は、マラドーナ氏の主治医の勤務先や自宅を捜索した…とほじられています。

このことで思い出すスターがいます。マイケル・ジャクソン氏です。

マイケル氏の主治医は遺族から裁判にかけられています。

処罰はどうだったのでしょうか、調べてみると・・・

過失致死罪で有罪となって、4年の懲役刑。しかし、4年の刑期を半分ほど務めたところで早期釈放となったそうです。

 マイケル・ジャクソンさんの元専属医で過失致死罪で有罪となったコンラッド・マーレイ元医師が、4年の刑期を半分ほど務めたところで早期釈放されることが明らかになった。
 マーレイ元医師は2011年11月に有罪となり、ロサンゼルス郡刑務所に服役。刑務所内では独房に入っていたらしいが、テレビや携帯電話の使用は許されていたという。今回の早期釈放は、マーレイが模範囚だったことと、刑務所の混雑を緩和するために取られた措置とのこと。

https://www.cinematoday.jp/news/N0055131

マラドーナ氏の日本のファンの反応

医師が「かわいそう」「大変だな」と医師の側に立って発言する人が多いようですね。

ちなみに、マイケル・ジャクソンのときは、マイケルの度重なる要求で、外科手術につかう麻酔薬を渡したことが原因とされています。

8月28日、ロサンゼルス検視当局が死因を公式発表。急性プロポフォール中毒とした上で、第一の死因はプロポフォールとロラゼパムの複合使用と指摘した。外的要因による死であることも断定した。
プロポフォールは、外科手術において全身麻酔の導入・維持に用いられる麻酔薬(注:引用者による太字)である。呼吸抑制作用があるため、設備の整った環境で麻酔専門医による適切な用法と常時監視の下で使用しなければ、呼吸停止・心停止を起こす可能性がある。プロポフォールの投与中は、患者の呼吸状態等を常に監視し続けることが義務づけられている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%AD%BB

マラドーナ氏の場合は果たしてそういう原因が出てくるのでしょうか。ただし、真実がどうであれ、マラドーナの命が戻ってこないのがむなしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です