宮崎駿監督に対しキメハラ疑惑!マスコミに批判殺到!

宮崎駿監督に対しキメハラ疑惑!マスコミに批判殺到!

宮崎駿監督に対しキメハラ疑惑!

映画監督の宮崎駿(みやざき はやお)さんが『鬼滅の刃』について週刊FLASHの直撃取材に答えたインタビュー記事がネットニュースにアップ。

「鬼滅」の劇場版が興行収入204億円に達し、『千と千尋の神隠し』の308億円に迫っている。そのことに対しどう見ているのか。その胸中を質問された宮崎駿監督は、「僕には関係ないことだと思います」と返答。

また、「鬼滅」に限らずテレビや映画も観ていないと明かしていました。

しかしインタビュー記事中、何度かこう回答しています。

「そんなことは、どうでもいいよ。世界はいつもインフレになっているんですから。(それよりも)ゴミを拾わないと……」

「ゴミ拾いで回らなくちゃいけないので、これで……」

https://smart-flash.jp/showbiz/121581

これは、正式に申し入れてのインタビュー記事ではなく、直撃インタビュー。

しかも町内清掃、ゴミ拾い中です。迷惑はなはだしい、と思います。

キメハラのマスコミに批判殺到!

宮崎駿監督にキメハラをした疑いのマスコミに批判が殺到しています。

ネットでの反響▼

「キメハラ」に対し、そしてマスコミの価値観に対して批判が殺到していました。

2017年に『君たちはどう生きるか』を製作発表した宮崎駿さん。

引退発表したのを事実上撤回してまで長編映画を制作している中なので、こういう「キメハラ」はやめてほしいものですね。そっとしてあげて、制作に集中させてほしいものです。(もちろん、マスコミが追いかけまわしての、変な価値観の押し付けのインタビューなのも問題ですよね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です