「サッカー日本代表」ミャンマーに10発大勝で2次予選突破

「サッカー日本代表」ミャンマーに10発大勝で2次予選突破

サッカー日本代表が5月28日、FIFAワールドカップカタール2022の2次予選・ミャンマー戦で、10-0で勝利。残り2試合を残して、最終予選への進出が決定しました。

「サッカー日本代表」ミャンマーに10発大勝で2次予選突破

日本代表がミャンマーに10-0で勝利。

得点者は・・・

  • 8分:南野拓実(日本)
  • 22分:大迫勇也(日本)
  • 30分:大迫勇也/PK(日本)
  • 36分:大迫勇也(日本)
  • 49分:大迫勇也(日本)
  • 56分:森田英正(日本)
  • 66分:南野拓実(日本)
  • 84分:鎌田大地(日本)
  • 88分:大迫勇也(日本)
  • 90分:板倉滉(日本)

サポーター(ファン、応援する人たちのこと)からは喜びの声が・・・

日本代表への「おめでとう」はもちろん、情勢不安の中で来日したミャンマー代表の健闘も称える声が多かったです。

大量得点されて事実上の勝敗が決まってもイライラしてラフプレーになることなく、戦っていたミャンマー。

両チームとも戦い抜きましたね。

テレビ中継の解説・中村憲剛さんが「セットプレーでも得点がみたいですね」とコメントしていたら、その通りにフリーキックから板倉滉が頭で合わせてのゴール!流れの中での得点に加えて、高さで決めて、言うことなしの得点でした。

先日も五輪世代のアルゼンチン代表から2得点決めた板倉選手。今後も期待ですね。

当記事画像出典:https://twitter.com/jfa_samuraiblue/status/1398250863945129998/photo/1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です