日向阪×櫻坂で合同ライブ?謎のカウントダウンが話題

日向阪×櫻坂で合同ライブ?謎のカウントダウンが話題

日向阪×櫻坂で合同ライブ?謎のカウントダウンが話題

坂道グループの日向阪46と櫻坂46の各ホームページで、同じカウントダウンがされていて、もしかして合同ライブをするのかと話題騒然。

櫻坂46の前身は欅坂46(通称:漢字欅)です。そして日向阪46の前身は、けやき坂46(通称:ひらがなけやき)。

欅坂のアンダーグループ的存在だったのが「けやき坂」だったのです。

もともと同じグループのようなもの。

欅共和国』という名で、欅坂46・けやき坂46が2017年から2019年にライブイベントも開催していました。

その再現なのでしょうか?

カウントダウンがゼロになるのは5月29日正午です。

そこで何かの発表があると思われますが、果たして?

ファンの声↓

欅共和国の背景に似てるとざわついてます。

しかし独立して頑張っている2グループなので合同ライブをする必要があるのか、という疑問もあります。

なので…合同オーディションや合同曲など、いろいろと憶測が!

日向阪と櫻坂、2つの公式ホームページでカウントダウンしているということは、

何かしらコラボレーション企画なのは間違いないのですが・・・。

ファンは心が落ち着かないでしょうが、ともかく発表を楽しみにしましょう!

追記:5月29日正午に発表がありました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です