「サッカー」日本5-1キルギス!評価を上げた選手は?

「サッカー」日本5-1キルギス!評価を上げた選手は?

サッカー男子日本代表がキルギス代表と、ワールドカップ2次予選を戦い、5-1で勝利しました!

日本代表で評価を上げた選手は誰でしょうか?

「サッカー」日本5-1キルギス!評価を上げた選手は?

試合結果:日本5-1キルギス

<得点者>
27分:オナイウ阿道(日本/PK)
31分 オナイウ阿道(日本)
33分 オナイウ阿道(日本)
45+2分 ミルラン・ムルザエフ(キルギス/PK)
72分 佐々木翔(日本)
77分 浅野拓磨(日本)

<先発メンバー>
GK
1 川島永嗣
DF
4 昌子源 
16 小川諒也 
20 中谷進之介
22 山根視来 6.21
MF
7 守田英正 
8 原口元気 
17 坂元達裕 
21 川辺駿 
FW
オナイウ阿道 
浅野拓磨 

▼途中出場
MF 13 橋本拳人 
MF 11 古橋亨梧 
DF 19 佐々木翔 
DF 3 室屋成 

最も評価を上げた選手は、初先発ながらハットトリックを決めたFWオナイウ阿道選手でしょう。キッカーを務めた1点目のPKも、右サイドの山根のクロスにオナイウが頭で合わせた際に相手チームがハンドしたもの。触ってなければ入っていた可能性が高かったです。2点目はクロスを押し込んだもの。3点目はヘッドで叩きこみました。相手は格下ですが、ポスト・大迫に名乗りを上げたのでは?

ほか、キレのあるドリブルで突破してチャンスを演出したMF坂元達裕も高評価になるでしょう。スピード系の伊藤純也が右MFの一番手で、控えに久保建英・堂安律などがいるものの、久保・堂安とそん色ないレベルです。

右サイドバックの山根視来も攻撃力で、室屋を上回るのでは?マルセイユから浦和に移籍する酒井がレギュラーでしたが、控えの一番手になりそうです。

あと気になる選手は・・・

広島の川辺ですね。攻守に渡ってアグレッシブでした。

ほか、浅野は得点を決めたり、裏への抜け出しは脅威なのは証明できたので、最終予選メンバーに選ばれるか…。

そして佐々木翔 はコーナーキックからヘディングでゴール。空中戦の強さを示しました。左サイドバックとしては攻撃参加がイマイチな印象ですが、やはり武器がある選手。ただし3バックの左での出場のため、使うときが限られる?

いい内容で、2次予選全勝となった日本。しかし実力が試されるのは最終予選からです。オリンピック世代も合流して、どういうメンバーになるのかも楽しみですね。

<最終予選進出のチーム>

グループ1位突破:シリア、オーストラリア、イラン、サウジアラビア、日本、UAE、韓国

グループ2位突破:中国、オマーン、イラク、ベトナム、レバノン

*AからG組の各組2位の中で、上位4チームに入ったのが中国、オマーン、イラク、ベトナム。開催国カタールがE組1位の枠を埋めたため、代わりに各組2位の上位5チーム目に入ったレバノンも最終予選進出に。

*最終予選は12チームを2組に分け、各組上位2チームが本大会出場。
3位同士がアジア・プレーオフを行い、勝者が大陸間プレーオフに進む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です