サッカー日本代表ボリビア戦で勝利!中島翔哉のみ収穫か?

サッカー

サッカー日本代表ボリビア戦で勝利!中島翔哉のみ収穫か?

サッカー日本代表ボリビア戦で勝利!

サッカー日本代表のボリビア戦が2019年3月26日に行われました。

結果は1-0で日本の勝利!

開始76分、中島翔哉がカウンターからゴールを決めました。

4日前のコロンビア戦は0-1で敗れただけに大きな勝利です。

親善試合は結果より内容…そう言われます。

それでも、日本代表は応援してくれるファンのためにも、勝たなくてはなりません。

ただし、「勝つ」といっても中身は色々です。

結果的に、ボリビア戦は収穫が少ない試合だったと言わざるを得ません。

中島翔哉のみ収穫か?

コロンビア戦からスタメン11人すべて入れ替えて臨んだボリビア戦。

スタメンは…
GK
シュミット・ダニエル

DF
右サイドバック:西 大伍

センターバック:三浦弦太

センターバック:畠中槙之輔

左サイドバック:安西幸輝(73分OUT)

MF

ボランチ:小林祐希(68分OUT)

ボランチ: 橋本拳人

左MF:乾 貴士(61分OUT)

トップ下:香川真司(68分OUT)

右MF:宇佐美貴史(61分OUT)

FW
1トップ:鎌田大地(83分OUT)

交代出場
MF
堂安 律 (61分 IN)

MF
中島翔哉(61分 IN)MAN OF THE MATCH

MF
南野拓実(68分 IN)

MF
柴崎 岳 (68分 IN)

DF
佐々木翔(73分 IN)

FW
鈴木武蔵(83分 IN)

通常の3人でなく、6人まで交代できることもあり、後半途中から中島、堂安、南野のいわゆる「新三銃士(新ビック3ともいう)」を投入して勝利を掴みました。

さらにゲームメーカーとして計算できる柴崎岳も投入。

勝つには勝てたものの、収穫があったのかは疑問。

連携面はうまくいかないのは急造チームなので当然として、仕掛けるチャレンジがあまりなく残念。

なかなか両チームともリスクを犯さない固い試合でした。

どの選手もイマイチでしたが、

DF陣はゼロに抑えていたし、ボランチの橋本も守備面で効いていたかな、とは思います…。

ただし、収穫と言っていいのはゴールを決め、ポストを叩いたシュートもあった中島翔哉くらい。

テレビ中継を見ていた視聴者からも、こんな声が!

中島翔哉に賞賛の嵐!

今回の2連戦は香川真司が背番号10を背負いましたが、エースナンバーの10番を奪還するのでは?

守りを固めてきたボリビアに対して、

前半の揺さぶりで疲れさせたからこその、後半の攻撃があったという見方もできます。

乾のシュートも前半に何度かありました。

それでも視聴者を納得させる活躍をした中島翔哉の輝きは圧巻。

中島が上がった裏が逆にチャンスになる(奪ってカウンターのとき)、

というコロンビアの後半の作戦はたしかに効いていて、リスクもある中島翔哉選手です。

それでも観る者に期待させるドリブル、決定力など新エースにふさわしい。

三銃士の組み合わせは何度も見ているので、

香川を入れた組み合わせを試して欲しかったですが、それは次回なのでしょうか。

国内でのテストマッチを経て、コパアメリカへ招待されて挑む6月。

欧州組を招集できない可能性もあるので、アジア圏で活躍中の中島・香川がスタメンで共存、

なんてあり得るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です