【トーレス師匠】初ゴール!イニエスタと競演でファン歓喜!

トーレス

サッカーの天皇杯4回戦(ラウンド16)が2018年8月22日に行われ、サガン鳥栖とヴィッセル神戸が対戦。

この夏、新規加入した元スペイン代表の2人、トーレス(鳥栖)とイニエスタ(神戸)が初対戦。同じピッチに立つ競演が実現。しかもトーレスの来日初ゴールも飛び出した!

今回はトーレス師匠初ゴールとファン歓喜の反響、師匠と呼ばれるわけについて。

トーレス師匠が初ゴール

トーレスの初ゴールと動画

サガン鳥栖のトーレスはベンスタート。

途中出場したのは64分。

ゴールを決めたのは、84分。

福田が左サイドのゴールライン付近で相手DFと入れ替わるようにしながら突破。エリア内で中に切り込んで、中央にマイナスのパスを入れた。

そこへ走り込んでいたトーレスが、右足でゴール右スミに、コントロールした綺麗なシュートを決めました。

トーレスは試合後…「このスタジアムで、多くのサポーターの前でゴールを決められてうれしい。(イニエスタに関して)イニエスタとは仲の良い友人。15歳から一緒にサッカーをしている。今日一緒にここ日本で試合ができてうれしい」とコメント。

試合結果

サガン鳥栖 3-0 ヴィッセル神戸

得点者

・鳥栖:オウンゴール(37分)安在和樹(50分)フェルナンド・トーレス(84分)

・神戸:なし

トーレス・イニエスタ競演でファン歓喜

トーレスが師匠のわけは?

そもそも何故トーレスは師匠と呼ばれるのでしょうか?

ヤフー知恵袋で質問した方がいたので引用しますと…

元ネタは鈴木隆行です
チームプレーで試合には貢献するけどあまりにもノーゴールだったことが続き、ネットでノーゴール師匠と呼ばれるようになりました。
その後長いことゴールが取れないストライカーのことを師匠と呼ぶようになり、いつからか馬鹿にするようになりました。

トーレスはチェルシーに移籍して長いことゴールが取れない(たしか不名誉なクラブ記録だったはず)時期がありその頃から師匠と揶揄されてます。

勿論ですが、海外では通用しないニックネームです。

出典:ヤフー知恵袋

なんとノーゴールが多かったから!!

それだけ外すのは凄い=師匠!?

尊敬の意味かと思っていた方も多いのでは?

愛情も込めて使っている方もいると思いますが、少し複雑ですね。

【トーレス師匠初ゴール】のまとめ

トーレス初ゴールでJリーグでも盛り上げる!?

鳥栖は、Jリーグでは現在18チーム中16位で、下位で苦しんでいます。

しかし同リーグ戦4位と好調の神戸に勝利!

鳥栖は、準々決勝へ駒を進めました。準々決勝の組み合わせは9月12日の抽選会で決定。

今後のトーレスの爆発が期待されますが、今日の勝利はチーム全体の復調も感じられます…

8月19日に行われたJリーグ23節の名古屋グランパス戦(0-3)から先発メンバーを6名変更して心機一転、快心の勝利だからです。

高橋 義希、高橋秀人の中盤が攻守に安定。2トップはトーレス&金崎でなく豊田陽平・田川亨介が先発して躍動。

さらに、8月に加入したばかりのレバノン代表DFジョアン・オマリが左センターバックで公式戦初先発。見事にチームにマッチしてい解説者の森岡隆三氏もベタ褒めでした。

鳥栖は最下位争いをしている場合じゃない強さ!同じく下位のガンバ大阪・名古屋も調子が上がっていて、Jリーグがますます盛り上がりそうです。

記事内の画像出典:鳥栖公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です