「U-24日本代表」ジャマイカに4-0で快勝!久保の4人股抜きシュートが話題

「U-24日本代表」ジャマイカに4-0で快勝!久保の4人股抜きシュートが話題

サッカー男子五輪代表候補の「U-24日本代表」ジャマイカと6月12日に強化試合を開催しました。日本が4-0で快勝!先制点は、久保建英選手による相手4人の股抜きシュート!海外メディアでも話題になったそうです。

「U-24日本代表」ジャマイカに4-0で快勝!久保の4人股抜きシュートが話題

「U-24日本代表」がA代表(フル代表)のジャマイカを相手に4ゴール。守ってもシュート1本に抑え込み、無失点で危なげなく勝利。

U-24ガーナ戦でも圧倒的にゲームを支配したU-24日本代表。今回もほとんどチャンスを作らせない完璧な試合でした。

なお、ジャマイカ戦の60分からは3バックを試したU-24日本代表。相手がワントップで、攻められないため、酒井・瀬古・吉田で守りました。ウイングバックは途中出場の橋岡・相馬。本番を想定してもあり得る布陣変更です。

この試合のゴールは、久保建英・遠藤 航・上田綺世・堂安律。

久保は技ありの4人股抜きシュート。スペイン大手紙「AS」も「クボ、日本で大暴れ:相手4選手の股間を抜いた素晴らしいゴール」と絶賛していました。

遠藤は左サイド側のペナルティーエリア外から、カーブをかけたミドルシュート。テレビ解説の城さんは、旗手の動きを激賞。外を回ってきた旗手に相手ディフェンダーがつられて、遠藤がシュートモーションに入ったときに止めにこられなかったことを指摘。

また上田のゴールは、センターサークル付近からドリブルを開始した三苫が絶妙なスルーパスを上田に通して、GKと一対一になりました。

堂安のダメ押し弾をアシストしたのは相馬。一度はGKと一対一になりかけたものの左に流れてしまいます。それでも即座に堂安へパスを通しました。

つまり久保のゴール以外は、旗手・三苫・相馬が活躍。

今回のスタメンの攻撃陣と左サイドバックの旗手は18名に選ばれるでしょうね。

センターバックの町田は前半だけで交代。後半は瀬古が出場。センターバックの控えは誰が選ばれるのか予測不能なことになっています。

交代出場者は、鈴木(GK)・上田・瀬古・相馬・橋岡・食野・三好。

今回出場していない富安・板倉・中山は順当なら選ばれると思いますが…。

18名は非常に難しい選出になることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です