「日本代表4-1タジキスタン」南野7戦連発で本田に並ぶ

「日本代表4-1タジキスタン」南野7戦連発で本田に並ぶ

サッカー男子日本代表がワールドカップ2次予選、タジキスタン戦に6月7日、挑みました。4-1でタジキスタンに勝利!南野拓実が7戦連発で本田圭祐に並ぶ活躍!

「日本代表4-1タジキスタン」南野7戦連発で本田に並ぶ

試合結果:日本代表4-1タジキスタン

得点者:日本:古橋亨梧(6分)、南野拓実(40分)、橋本拳人(51分)、川辺駿(71分) タジキスタン:エフソン・パンシャンベ(9分)

ワールドカップ2次予選で初の失点をヘディングで決められて、一時は同点となる展開。結果的に2店目の南野選手のニアサイドのワンタッチシュートが決勝点になりました。

ファンの反響↓

南野選手のゴールは古橋選手からのクロスでした。

2人は同じ高校(興国高校)の同級生。しかし南野選手はセレッソのユースチーム、古橋選手は高校サッカー部と、別のサッカーチーム。それぞれのルートを経て、紆余曲折があって…

今こうして同じ代表という場所で2人がアシスト・ゴールという結果を出ました。

思ってもみなかった運命のような、そんな南野拓実×古橋亨梧のチームプレー。

今後もこの2人には期待ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です