【ドクター・デスの遺産】シークレットキャストのネタバレ!柄本明と木村佳乃が出演!

【ドクター・デスの遺産】シークレットキャストのネタバレ!柄本明と木村佳乃が出演!

綾野剛、北川景子がダブル主演を務める映画「ドクター・デスの遺産―BLACK FILE」(深川栄洋監督)が2020年11月13日(金)に公開されました。

今回は気になるシークレットキャストをネタバレします。ご注意ください。

【ドクター・デスの遺産】シークレットキャストのネタバレ!

映画「ドクター・デスの遺産―BLACK FILE」は、警視庁捜査一課のNo.1コンビである犬養(綾野剛)と高千穂(北川景子)が安楽死を手口にする猟奇的な連続殺人犯“ドクター・デス”に迫るサスペンス!

130人を安楽死させたアメリカの実在の医師が起こした犯罪がモデルとなります。

原作は中山七里の「ドクター・デスの遺産」(2017年5月発売 KADOKAWA)。中山七里の映画化作品は『さよならドビュッシー』(2013年1月26日公開、監督:利重剛、主演:橋本愛)『護られなかった者たちへ』(2020年公開予定、監督:瀬々敬久、主演:佐藤健)があります。

映画版では、シークレットキャストとして、ポスターなどでキャスト名が伏せられています。早速、ネタバレしていきましょう!

シークレットキャストは柄本明!

シークレットキャストは2人います。

そのひとり目は、柄本明さんです。男性医師・寺町亘輝を演じています。「ドクター・デス」っぽいですが…。

柄本明さんといえば、現在は月9ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ)に出演中。その前は、あの「半沢直樹」で大物政治家を演じていましたね。「はあ?」と耳が遠いふりをしたかと思えば、半沢直樹を恫喝したりと怖さ満点の演技をして話題でした。

映画序盤は声だけなのですが、声で分かったという人も多いことでしょう。最初の遺族の供述のシーンでセリフがある男性の医師。そして、重病患者に遺書のような動画を撮影するシーンで顔も映ります。

そして実はもう一人シークレットキャストがいます。

シークレットキャストもうひとりは木村佳乃!

「ドクター・デス」と呼ばれるこの男性医師と共に女性の看護師・雛森めぐみがいます。

この看護師・雛森を演じてるのが木村佳乃さん!木村佳乃さんといえば、現在、TBS金曜ドラマ「恋する母たち」(愛称:恋母)で主演を務めていますね。

2人とも的確なキャスティングで、主演クラスの大物キャストです。

シークレットキャストのネタバレ

シークレットキャストは柄本明さん、木村佳乃さんでしたが、どんでん返しもあります。

安楽死で殺害する「ドクター・デス」は柄本明さん演じる男性医師ではなく、この看護師(木村佳乃さん)の方です。

まとめ

以上、【ドクター・デスの遺産】シークレットキャストをネタバレしてきました。

どうやって犬養(綾野剛)と高千穂(北川景子)が「ドクター・デス」を追い詰めるのかも注目です。

※当記事のアイキャッチ画像の出典:https://wwws.warnerbros.co.jp/doctordeathmovie/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です