【ACL】ヴィッセル神戸延長で惜敗!要因は中東の笛?

【ACL】ヴィッセル神戸延長で惜敗!要因は中東の笛?

【ACL】ヴィッセル神戸延長で惜敗!

カタールで集中開催されているアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)、準決勝が12/13に行われ、ヴィッセル神戸は韓国の蔚山と対戦。

延長までもつれて、1―2だ惜しくも敗れました。

ケガで元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)がメンバー外に。(スタンドでの観戦はしていました。)

そんな中、後半7分にMF山口蛍がコーナーキックからのボールを叩きこみ先制。

後半30分には、途中出場のMF佐々木が追加点をあげたものの、その前の安井のプレーでファールがあったと、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が入って取り消しへ。

同36分に相手に同点にされて、延長へ。

そして、延長戦の後半1分、FWドウグラスがGKと1対1になるビッグチャンスを迎えた。が、横パスをして少し長くなり、古橋がさらにドウグラスに折り返したものの触れなかった。

そして後半12分にGK前川がボックス内でネグランを倒してPKを献上。これをネグランに決められた。

結果、1-2で敗戦。初出場のACLでの挑戦はベスト4で終わった。

【ACL】惜敗の要因は中東の笛?

惜しくも敗退となった要因は、中東の笛でしょう。

安井のファールは、本当にファールを取るべきものなのでしょうか。

ファンからも批判の声が!

「あれがファールなら、そのあとの神戸がペナルティーでやられたのもVAR見ろよ!って思ったわ。」
「あんな得点に直接関与してないプレーでVAR適用することそのものがおかしい」
「ボールに触れて、相手選手のアピールすらなかったのに、なにがファールなのかさっぱりわからない」

などなど、批判殺到!

ヴィッセル神戸のスポンサーである楽天の三木谷浩史氏はTwitterで…

適切なアクション、期待しています。

ヴィッセル神戸のみなさん、大健闘の熱戦。お疲れさま&ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です