半沢直樹のモデルが頭取に?池井戸潤氏が誤解とコメント

半沢直樹のモデルが頭取に?池井戸潤氏が誤解とコメント

半沢直樹のモデルが頭取に?

12月22日、三菱UFJ銀行の人事で、新頭取に半沢淳一常務(55)が昇格することが固まった、と報じられました。

「半沢」という苗字といえば、TBS系日曜劇場「半沢直樹」シリーズでも話題になった、主人公と同じ苗字です。

しかも、半沢淳一氏は、ドラマ「半沢直樹」原作者の池井戸潤氏と同期入行というではありませんか。

「半沢直樹」(2020年版)最終回では、大和田取締役(香川照之)が銀行を辞めようとする半沢直樹(堺雅人)に向かって、銀行を変えてみろと挑発し、「頭取にならなかったらお前がここで土下座、しかし、もし頭取になったら私がここで土下座だ」と発言する場面がありました。

ついに大和田との賭けに勝って、半沢が頭取に!

と、リアルとドラマを混同して、勝手に想像してしまうファンもいることでしょう。

しかし、池井戸潤氏が「半沢にモデルはいない」と(これまでも言ってきましたが)改めて断言しています。

池井戸潤氏が誤解とコメント

12月23日、原作者・池井戸潤氏の個人事務所がうわさを否定するコメントを発表しました。

モデルはいないが、名前にはもじった方がいることを明かしています。

(追い込まれてのこととはいえ)あれだけ大胆かつ、脅迫まがいな発言・行動をする半沢直樹ですから、モデルはいないでしょうね。(笑)ちょっと残念な気もしますが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です