NHK受信料値下げか?総務相の求めに対応検討へ

NHK受信料値下げか?総務相の求めに対応検討へ

NHK受信料値下げか?総務相の求めに対応検討へ

NHKが政府の求めにより、受信料金を下げることになりそうです。

 NHK経営委員会の森下俊三委員長は22日、武田良太総務相が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて受信料の値下げを求めていることについて、「NHKとして何ができるのか、しっかりと検討してほしい」と求めた。
 武田氏は11月の衆院総務委員会で「コロナ禍において、家計の負担を減らす受信料の値下げに着手するのが公共放送としてのあるべき姿だ」などと答弁。その後もたびたび、NHKに受信料の値下げを求める発言をしている。

https://www.sankei.com/entertainments/news/201222/ent2012220010-n1.html

TBS系ワイドショー番組「ひるおび」でも12月23日、この話題を取り上げました。

政治評論家の田崎史郎さん曰く、「3年間で1000円/月以下を目指す方針を打ち出す可能性あり」との事です。「政府に対して携帯電話料金値下げよりもNHK受信料値下げの方が重要、最優先させるべきとの声が上がってきている」ともコメントしました。

コロナ渦中で、飲食店をはじめ、経営的に大打撃を受けた2020年。

NHKは、 収入の大半が受信料でありながら「内部留保」に当たる2019年度の繰り越し剰余金が1280億円になっています。

ネットの反応は…

テレビ(NHK)はみない派、携帯電話料金値下げのほうが大事派、と意見は分かれていますが・・・それはともかく、NHKは儲かっているので料金を下げてもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です