「サッカーU-24日本代表」林、板倉2発でアルゼンチンに完勝

東京オリンピック世代であるサッカー男子U-24(24歳以下)日本代表とアルゼンチンU-24代表との強化試合が、29日に開催され、日本が3-0で完勝しました!

「サッカーU-24日本代表」林、板2発でアルゼンチンに完勝

U-24日本代表は、前半にFW林大地(23)が先制点を決め、後半はMF久保建英(19)のCKからMF板倉滉(24)のヘディング2発で2点を追加。

3月26日の第1戦では0-1で敗れ、内容も圧倒された相手でしたが、オリンピックの1次リーグと同じ中2日という厳しい日程で挑んだ第2戦は3-0で完勝となりました。

なぜ完勝できたのか

日本はなぜ完勝できたのでしょうか、アルゼンチンがアウエーではありますが、日程的には両国とも同じです。

1戦目と何が違ったのか。このままでは金メダルなんて無理だ、ということで日本に火がついたのもあるでしょう。前半からハードワークで、アルゼンチンを圧倒。球際に勝ててボールを拾えていたのでリズムも良かったです。田中碧選手がボランチに帰ってきたのも大きいか。ボランチでコンビを組んだ板倉滉選手も今日はゲームキャプテンを務め、攻守に気合が入っていました。

また第1戦が終わったあと、三好康児選手は、三笘薫選手のドリブルは武器だが、「もっと幅を」使って攻めることも必要だったと語っていました。第2戦では、その点は改善され、左右への揺さぶりも増えました。

また、1戦目でハイラインにしてコンパクトな陣形をしてきたアルゼンチンへの対策か、裏へのロングパスも狙っていました。FW林大地選手の先制ゴールは、センターバックのDF瀬古選手からのロングフィード!DFとGKの間で受けて、トラップも上手くできて、シュートも落ち着いて決められた林選手。鹿島の上田選手がケガ明けで招集されていないチャンスをものにしました。

そもそも林大地選手は、今回、堂安律(ビーレフェルト)選手が負傷のため不参加となり、追加招集されました。またとないチャンスをものにしたのですが、大卒2年目。世代別代表には1度も呼ばれた経験はないそうですよ。ここにきて猛アピール!次の強化試合でも呼ばれそうなので、期待ですね。

短期決戦など、こういう試合はラッキーボーイといいますか、もってる選手は必要。競争原理が働いていたのも2戦目の完勝の要因かも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です