クレベリン12万個無償提供に批判の声?理由は?

クレベリン12万個無償提供に批判の声?理由は?

大幸薬品が、空間除菌剤「クレベリン」の一部製品を全国の医療機関に無償で12万個、提供すると2月16日に発表!

しかしネットでは批判の声が上がっており、17日にTwitterトレンド入りするまでに発展!その理由は…

クレベリン12万個無償提供に批判の声?理由は?

大幸薬品が、クレベリンの置き型、ミニスプレー、携帯できるスティックの3タイプを全国の医療機関に提供すると発表。総数は計12万個!

2020年11月に大阪府茨木市で新工場が稼働したことで十分な供給体制が整い、「品薄で手に入らない」との声が多かった医療機関への支援を実施します。

すごい振る舞いです。ワクチン接種が始まる今頃?という気もするのですが、賞賛されること…

と思いきや、しかしなぜかネットで批判の声が!?

クレベリンは医薬品ではなく、そもそも雑貨。そういう注意書きもあります。

今回の批判はつまり、「病院に置いてあるんだから効果があるのだな」と誤認させる疑いがある。「病院に置いてもらった実績になる」ということを危惧した批判でした。

メーカーはもちろん効果をうたいますが、公的機関で認められてはいないので、あとは自己判断になります。

みなさんはどう考えますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です