「本屋大賞2019」受賞は瀬尾まいこ!プロフィール・反響まとめ!

「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2019年本屋大賞」が2019年4月9日に発表されました。

第1位は瀬尾まいこ氏の「そして、バトンは渡された」

本屋大賞2019受賞作家となった瀬尾まいこ氏のプロフィール・反響まとめ、まとめました。

本屋大賞2019受賞作家・瀬尾まいこのプロフィール

瀬尾まいこさんは、1974(昭和49)年、大阪府生れ。大谷女子大学国文科卒。

中学校の国語の先生を経験し、結婚後は子育てと執筆をしている方。

〈瀬尾まいこさんの経歴〉

2001年(平成13年):『卵の緒』で第7回坊っちゃん文学賞大賞受賞

2002年(平成14年)11月:初単行本『卵の緒』上梓

2005年(平成17年):『幸福な食卓』で第26回吉川英治文学新人賞受賞

同年4月1日:京丹後市立久美浜中学校着任

2008年(平成20年):『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞受賞

2010年(平成22年)4月1日:相楽東部広域連合立和束中学校に転勤

2011年(平成23年)3月31日:退職

2013年(平成25年):咲くやこの花賞文芸その他部門受賞

2018年(平成30年):『そして、バトンは渡された』で第31回山本周五郎賞候補

2019年(平成31年):『そして、バトンは渡された』で第16回本屋大賞受賞

2017年に『僕らのごはんは明日で待ってる』が中島裕翔と新木優子のキャストで映画化されるなど、人気作家のひとり。

『そして、バトンは渡された』は、実の両親がおらず、保護者が次々と代わり、4度名字が変わった女子高生が主人公。

家族とは何かをテーマにした作品として話題です。

・テレビ番組(2019/ 04/10(水)フジテレビ[Live News it!])にて、元同僚の教師、野寺由香氏は「愛されていた先生」「モノマネされるときはみんな早口になってる」と紹介。

・テレビ番組(2019/ 04/9(火)テレビ朝日[報道ステーション])にて、夫はふだん本をよまないが、受賞と聞いて読んでみようといってくれていると答えている。

本屋大賞2019・瀬尾まいこの反響

「ほっこりした」

「優しくなれた」

といった、あたたかい反響が多いです。

2019年本屋大賞の受賞作。この機会に手に取ってみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です