【宮川紗江18歳の勇気】パワハラ告発で大ピンチのリオ五輪体操選手に、あの人が助け船!

2016年のリオ五輪に出場し、2020年の東京オリンピックでもその活躍を期待されている宮川紗江・体操選手。

18歳の選手が異例の会見! 勇気ある告発が物議を醸し出しています。

宮川選手が訴えたかったことは何なのか ? 世間の反応は? 助け船を出そうとしている「あの人」とは?

宮川紗江選手のコーチ・速見佑斗が暴力指導で登録抹消に

リオ五輪に出場を果たし、2020年の東京オリンピックでのメダル候補として注目の宮川紗江選手。

その宮川選手を8年間指導してきた速見佑斗コーチが、宮川選手に対する暴力指導により、日本体操協会から無期限の登録抹消という処分を受けていた。

被害者・宮川選手が超異例の協会パワハラ告発会見

8月28日(水)午後、被害者であるはずの宮川紗江選手から、異例の会見が開かれた。

宮川選手の主張

宮川選手は、速見コーチから暴力があったことを認めながらも、馬乗り殴打は否定。

「パワハラとは感じていない」と主張。

さらに速見コーチ処分への一連の「日本体操協会」による主張は、朝日生命による選手略奪のための策略と確信したという。

過去の暴力を理由に、朝日生命に入れることが目的と確信

宮川選手の主張によれば、日本体操協会の塚原夫婦が、将来を嘱望される宮川選手を朝日生命チームに入れることを目的に、速見コーチの暴力沙汰を持ち出したと主張。

日本体操協会は、オリンピックに出られなくなると脅した?

体操ひと筋の18歳がマスコミで告発するって、本当に勇気のいることですね。

18歳の選手に対して「五輪に出られなくなる」ってなんてひどい脅しなのでしょうか?

宮川選手のフォローをかって出たのはあの人!

何も悪くない、将来を嘱望された才能あふれる選手・宮川紗江選手。告発により。所属チームから契約解除された宮川選手のサポートに、いち早く名乗り出たのはいつものあの人!

高須院長が宮川選手とつながった!

宮川選手へのエール

宮川紗江選手には東京五輪に出てほしい!

昨日の宮川紗江選手の異例の告発。

ご本人のコメントにもありましたが、18歳・体操一筋の選手の権力への告発。

本当に勇気のいることだったと思いますが、スポーツ界にはびこるパワハラが世間に露呈したことはよかったのではないかと思います。

宮川紗江選手!あなたの勇気をたくさんの人たちが応援しています。

東京五輪で宮川選手の勇姿を見られることを楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です